ブログBLOG

大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープ・セラミック歯科 大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープ・セラミック歯科

  • 歯を残す治療 

    2019年1月20日(日)

    右上4咬合性外傷による骨吸収が進行した症例を、歯根端切除後エムドゲインを併用して再生療法を行った症例。

    当初咬合調整を行い経過観察をしていましたが、上行性の歯髄炎を疑う症状が出始めた為根管治療を行い積極的な治療を開始しました。切除療法のみでは骨の再生は期待が薄く長期的な予後を考えエムドゲインを併用しました。根管充填終了後歯肉を切開剥離すると予想通り頬側の根尖まで骨吸収が起こっていて、歯周ポケットと繋がってるいる状態でした。頬側の根尖を切除し不良肉芽を掻爬した後にできたスペースにエムドゲインを充填して縫合しました。術後3ヵ月後程で補綴処置に移行しました。
    現在レントゲン検査で経過を追っていますが骨吸収は改善し順調に経過しています。

    治療期間の目安半年
    通院回数、根管治療2回、根尖切除術1回、消毒および抜糸2回、上部補綴処置3回
    費用の目安 エムドゲイン5万円
    積極的な治療の提案を受け入れて下さった患者さんの判断に感謝します。

  • 自分の臨床を振り返る重要性。

    2019年1月15日(火)

    年末年始の休暇に自分の臨床を振り返る時間を毎年とっています。

    根の治療でお困りの方の一助になればと思い1症例を紹介します。
    使用しているマイクロスコープ(GLOBAL)、ニッケルチタンファイル(デンツプライ)。
    治療の所要時間は根管充填まで1根管につき45分から1時間前後を目安としています。
    ラバーダムの使用はしていません、根管充填終了後マイクロスコープでレジンコアの築造と
    形態修正を行いシリコン印象(現在はセレックシステム)を用いています。
    修復物はジルコニアとセラミック(e-max)修復をしています。
    現在治療終了後2、3年経過しています。

  • 破折ファイルの除去(根管治療)

    2019年1月7日(月)

    2ケースとも初診時のレントゲンから根管内に過去の治療で破折したと思われるファイルが認められます。症状がなければこのまま経過観察をして行きたいのですが、被せ物をやり直す際に根管治療のやり直しを希望されました。 今まで肉眼での治療の際は不可能だと考えていましたが、最近では5割位のケースで除去できるようになってきました。この数字が高いのか低いのかは分かりませんが、マイクロスコープを日常的に使いこなしていなければ出来ないと感じたケースです。

  • 開業6年目を迎えました。

    2019年1月5日(土)

    明けましておめでとうございます。
    にじいろ歯科医院は開業6年目を迎えました。
    開業当初はクリーニングや、定期的なメンテナンスといった予防に力を入れていました。
    現在予防の重要性は変わりませんがマイクロスコープを用いた精密な治療に力を入れています。
    一定水準の技術と機材が揃わないと完治しない病変や症状がある事を痛感します。
    特に根管治療ではマイクロスコープが必須であると感じます。
    治療後の不快な症状が消えない方はご相談下さい。

  • セレック100症例感想

    2018年12月17日(月)

    8月に導入したセレックシステム(セラミック治療)が順調に経過をしています。
    当初セラミックの破折を危惧しましたがインレー(詰め物)ではまだ割れたり脱離する事なく
    良好な予後を経過しています。
    またクラウン(被せ物)では3症例破折を経験しました、噛み合わせや歯ぎしりが強い患者さんでしたが無料で再治療を行い現在は良好に経過しています。
    銀歯から白い歯へ一部健康保険の取り扱いも行っています。
    詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

  • セレックシステム感想。

    2018年10月2日(火)

    セレックシステムを導入して約2ヵ月が経過しました。
    何事も数をこなさないと上手くならないと思い、夏期休暇中も
    インストラクターに教えを請い集中的に学びました。

    現在約50症例程度行い、率直な感想は予想以上に凄いという事。

    作製時に破折したり、研磨しすぎてしまったりと、まだまだ勘所はありますが
    一通りのエラーは経験できました。

    現在初回体験でセラミックの費用半額で行っています。
    詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

  • セレックシステム導入しました。

    2018年8月18日(土)

    歯科医師として衝撃を受けた機材の一つ、セレックシステムの導入を行いました。
    セレックシステムとは専用のカメラで口腔内を撮影(光学印象)しセラミックの被せ物や、詰め物を作製します。
    従来型取りをしていましたがセレックシステムの導入により型取りをしないでセラミックの詰め物を作製できるようになりました。

    またマイクロスコープとの併用により精密で審美的な治療体験が可能となりました。
    機材の進歩が従来の歯科治療を変えていく、そのような場に立合える喜びで日々の診療を楽しく行っています。詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

         

  • マイクロスコープ導入その後

    2018年7月5日(木)

     

    大泉学園駅 北口徒歩3分、にじいろ歯科医院 院長の斉間です。
    久しぶりにブログを更新します。

     

    マイクロスコープを導入して2年が経過しました。
    この間ほぼ全てのケースでマイクロスコープを用いた診療を心がけてきました。
    その結果、歯科医師としての治療技術の向上や患者さんにより分かりやすく伝えることができ今では日々の診療に欠かせないものとなりました。

    マイクロスコープを用いる事によりは肉眼での治療と比較して健全な歯を削る量が少なく感染源を正確に取り除くことができます。特に精密な根の治療(根管治療)、審美治療、また歯科用レーザーと併用することにより従来は抜歯していたような歯の保存が可能となりました。

     

    歯の治療でお困りの際は、どうぞにじいろ歯科医院までご相談ください。

     

    ***大泉学園駅 北口徒歩3分の歯医者
    にじいろ歯科医院
    〒178-0063 東京都練馬区東大泉1-33-14 エンゼルビル1F
    TEL:03-3922-2416

  • マイクロスコープ導入しました!

    2016年4月14日(木)

    名称未設定-1

    医療の進歩は日進月歩、にじいろ歯科医院では
    より良い歯科医療を提供するためマイクロスコープを導入しました。
    患者さんに分かりやすく説明するため、様々な工夫を凝らしてきましたが
    『百聞は一見にしかず』というように、はっきりとよく見えることによって
    正確な診断と治療の精度が劇的に向上します。
    この機会にご自分では見えない口腔内を一度精密に検査しませんか?

    名称未設定2-1名称未設定-12

    30倍に拡大!
    お米に文字が書けます

  • 求人募集

    2015年11月9日(月)

    にじいろ歯科医院では、歯科衛生士学校の学生さんを

    アルバイトで募集しています。

    時間平日夕方17:00位〜19:00まで

    土曜日9:00〜16:00位

    時給¥1000ー

    病院実習で行うようなことを、実際体験しませんか?

     

  • 1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17