ブログBLOG

大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院 大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院

  • 何が違う?学校と歯医者さんでの検診

    2022年5月15日(日)

    新学期が始まり一か月が経ちました。「学校の歯科検診で紙をもらったので診てください」とご来院される患者様が増える時期でもあります。

     

    「ちゃんと歯磨きしていたのに虫歯と言われてしまった」とおっしゃる親御さんや、「そもそも学校の歯科検診と歯医者さんの歯科検診は何が違いますか?」とご質問される親御さんもいらっしゃいます。

     

    本日はそちらについてお話させていただこうと思います。

    まず当院でできる歯科検診でオススメできることは何といってもマイクロスコープ!

     

    このマイクロスコープはお子様の検診や治療でも使用しております。学校の校医さんが見るものよりも明るく大きくみるので、虫歯だけでなく汚れのつきやすいところをお伝えできるほか、当院ドクターが見ているものをそのまま前のモニターで確認することが可能です。(現在はすべてのユニットにマイクロスコープがついております。こんな体験ができるのは大泉学園では当院だけ!?)

    また、歯科衛生士が常勤しておりますので、ブラッシング指導やフッ素塗布をうけることができます。中学までのお子様は医療証をお持ちだと思いますので、もちろん無料でうけることができます。お口の状態にあわせて毎月~3か月に一度のペースでご来院いただければと思います。

     

    にじいろ歯科では上記以外にも、生活習慣や歯並び虫歯に悪影響の出やすい習癖なども矯正専門医と協力しチェックしています。

    「いつもテレビ見ているとき、お口が開いている」「食事の時の姿勢が悪い」「永久歯が曲がってはえてきている」などのお悩みをよく聞きます。

    お子様のお口の状態で気になることがございましたら、いつでもお電話または24時間インターネットからご予約いただけますので、ホームページをご覧くださいね。

     

    【余談ですが】

    コロナ感染症の影響で歯科を含む病院の受診割合が2割落ち込んでいるというデータも出ておりますが、可能な限り定期検診にお越しいただきたいと思うのは、予防歯科が大事であるからです。

    トラブルが起きて歯医者を受診している方と、定期的に歯医者を受診している方とでは将来の残っている自分の歯、この数に違いが出ると言われています。予防歯科が進んでいない日本で、意識を変えていくことはなかなか難しいことではありますが、当院では生涯健康に過ごしていただくためにも予防が一番効果的であるとお伝えしています。

    お子様の大事な乳歯・生え始めの永久歯、学校で歯科受診の紙を貰ってこなかったとしても定期的にお越しいただき、お家でのケア方法や一緒にお口の状態をチェックしましょう!

  •