ブログBLOG

大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院 大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院

  • 麻酔注射の痛みについて

    2021年3月24日(水)

    こんにちは。

     

    歯科医院のホームページなどを見ると、「無痛治療」をうたっているところが多くあります。

     

    ではこの「無痛」とはどういうことでしょうか?

     

    麻酔を行えば痛みを感じなくなりますが、その麻酔を行うための「注射」自体にも痛みがあります。そこで今回は、「注射の痛みとは何か?」について考えてみましょう。

     

    「注射=痛い」

     

    ■注射の痛みの二つの要因

     

    針

     

    1.注射の針を刺すときの痛み

     

    注射器の種類により違いがありますが、ほとんどの場合、注射針タイプの物が使われます。実際に針を刺すことになるので、そこでは当然痛みが生じます。

     

    そして実際の痛みとともに、「痛みがあるはずだ」という皆さんの強いイメージもあります。

      

    そこでもし注射針について、「針が太ければ痛みが大きい」「針が細ければ痛みは小さい」という説明を受けたらどうでしょうか?直感的に納得してしまうと思います(それは事実でもあります)。

     

    そういった皆さんの気持ちを逆手に取って、細い針を使用することをオプションにする歯科医院が存在します。

     

    わざわざ太い針を仕入れたうえで、「通常ではこの注射針を使いますが、細い注射針を使えば痛くないですよ」と説明して、追加の費用を請求するわけです。

     

    自由診療の美容系歯科クリニックでは、単に注射の針の太さを変えることだけで、1万~1万5千円を請求しているところもあります。

     

    合理的に考えれば、わざわざ太い針などは仕入れずに、最初から細い針だけを用いればすむことです。ここに、金もうけに走ってしまう一部の歯科医院の問題点があります。

     

    当院は患者さんに、無駄で無意味な金銭的負担をかけるようなことは、一切いたしません。歯科で使われる物の中で最も細い注射針を、通常の麻酔注射で最初から使用しています。

     

    2.注射の液が流れ込む痛み

     

    針を通して麻酔液が身体へ流れ込んでくることの痛み。実は注射の痛みは、こちらのほうが強いのです。

     

    しかし歯科医師は術者として注射をすることは多くても、患者として注射をされることは少ないです。そのため、針を刺す時だけに意識が向きがちで、麻酔液が注入される時の痛みについては無頓着になっている人が多いです。

     

    注入時の痛みを最小限にするためには、注入のスピード、注入の圧力を最適にコントロールする必要があります。

     

    当院では電動注射器を用いて、注入速・注入圧を機械でコントロールし、モニタリングしながら麻酔注射を行います。

     

    この1、2を通して、当院では患者さんの負担が少ない無痛治療を提供しています。

     

    今回は、麻酔注射についてお話しました。以前の記事でも書きましたが、当院で用いる道具・器具・材料には、全て明確で合理的な理由があります。

     

    この麻酔の方法も含め、「精密歯科治療」を提供するということについて、当院では治療における全ての行為が合理的な理由でリンクしているので、無駄なところは一切ありません。

  •