ブログBLOG

大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院 大泉学園駅の歯科・歯医者|にじいろマイクロスコープセラミック歯科医院

  • 『歯周病と全身疾患の関係』~東京マラソンに挑戦?! ~

    2022年6月24日(金)

    突然ですが皆様、走ることはお好きですか?

    マスクをつけてのランニングやジョギングは息苦しく感じ、最近はめっきり走りにいかなくなった私です。

    コロナ禍で規模縮小や中止となっていた東京マラソンですが、昨日、2023年の要綱が発表されました。コロナ感染拡大前と同じ人数の募集となり来月11日よりエントリーがスタートするそうです。

    必要な感染対策がわかってきたため」と記してあり、東京でのこのイベントがまた開催可能になったということは喜ばしいことですよね。

    気になる倍率はどの程度なのでしょうか。挑戦する方、検討をお祈りいたします!

     

    さて、マラソンといえば全身を使った運動です。健康でなければ完走はもとより数キロでダウンしてしまいますよね。

    なぜ今回マラソンのお話を出したかというと、全身の健康と歯科(歯周病)には深い関りがあるからです。

     

    「歯周病とはなにか?」こちらは、今回は割愛させていただきますが、歯周病の原因菌が血液を介し血管内で炎症を起こし、それが各臓器に運ばれ全身疾患に悪影響を及ぼすとされています。

    肺炎や脳卒中、心臓病、骨粗鬆症などです。(他にも多数・・・)

    厚生労働省のホームページにも

    『う蝕及び歯周病に代表される歯科疾患は、その発病、進行により欠損や障害が蓄積し、その結果として歯の喪失に繋がるため、食生活や社会生活等に支障をきたし、ひいては、全身の健康に影響を与えるものとされている。』

    と記載されております。

     

    歯周病はお口の中だけのお話ではないんですね。一旦なると治らないとも言われている歯周病。では当院ではどのような治療がされているのか、ご紹介したいと思います。

    当院歯科医師、喜多先生よりお言葉をいただきました。

     

    【歯周病治療】

    治療に際して、まずは診断が必要になります。(これからですが、、)年に一回は全体なレントゲン写真で骨量の確認とともに虫歯がないかも確認します。治療としては、重度の方にはまず内科的アプローチがおすすめです。

    『細菌フローラ』という言葉を聞いたことありますか?口腔内にも菌叢というものがあります。そこを改善してから治療することで、より効果が得られます。

    また、通常の歯石とりで良くならない場合は歯茎を切り開いて直接アプローチすることもあります。その際、マイクロスコープがあれば見落としがグッと減りますね。

    口腔内の環境が整えば、その状態を保つため定期検診に移行します。

     

    また、一般的な予防として、このようなお話もいただきました。

    【歯周病予防】

    歯周病と聞くと、高齢者のイメージがありませんか?厚労省のデータによると、30代で3割の方45才以上で半数以上が歯周病と言われています。

    にも関わらず、自覚症状がない人が8割をこえます。

     https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-004.html

    参考文献(厚生労働省 e-ヘルスネット)

     

     

    歯周病は急に進行するというよりも、緩やかに進むことが多いです。また、遺伝的要因や咬み合わせによってスピードが変わります。当院では、予防の一環として咬み合わせに対する治療もしております。

    若いうちからの予防で80才になったときの骨の量に大きな差がでます。

    ぜひ、思い立ったその時から予防を!!

     

    気が付かないうちに進行している…とても恐ろしいことですね。

    定期検診でお口の中の状態を確認することが、まずは第一の予防となります。

    当院では、生活習慣や歯磨きの仕方も患者様に併せて指導してまいりますので、定期的な受診をお願いします。

     

     

    最後に・・

    話が少しそれますが、私は現在歯列矯正をおこなっており、(個人差もあるとは思いますが)物がブラケット間につまり調整後は噛むのが痛く、おいしく食事が摂れないことがあります。

    歯周病や虫歯で歯が痛かったり歯が抜けてしまったりすること、それも同じことが言えるのではないでしょうか。

    生きていくために必要な食事。やはりおいしく食べたいですよね。

    患者様お一人お一人の長い人生の中で我々が携わることができる時間は僅かかもしれません。ですが、笑顔で美味しく食事を摂ることができるよう、また、健康的なお口を保つことができるよう、当院では検診や予防・治療をおこなっております。

    上記は勿論のこと、丁寧な問診や会話をおこない患者様と信頼関係をとれるよう心がけております。

    ご不安なことや一度聞いてみたかったことなど、お気軽に質問お声がけください。

     

    皆様が生涯健康で過ごせるお手伝いができましたら、幸いです。

     

     

    [ 参考文献]

    読売新聞オンライン

    https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20220623-OYT1T50228/

     

    厚生労働省

    https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b6.html

  • 歯医者で口臭ケアができるの?

    2022年6月16日(木)

    近年、日本でも自分の口臭についての理解が広まり、口臭ケアを積極的におこなう人が増えてきました。

     

    まず口臭の定義としては、「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」とされています。しかし、自分ではそのにおいになかなか気付くことができません。

     

    みなさまは口臭の原因をご存じでしょうか?

    口臭の原因の約90%は、お口の中の嫌気性細菌(けんきせいさいきん)という細菌によるもので、食べかすの内のたんぱく質やアミノ酸を分解し、硫黄化合物を作ることで発生します。名前からして、嫌な細菌ですよね。

    多くの人は、朝起きた時に嫌気性菌が繁殖しやすく、食事後に口臭が減る傾向にあります。朝食を抜くと口臭は強いままとなってしまうので、朝食はなるべく食べましょう。毎日の規則正しい食事が口臭ケアにも繋がります。

    口腔ケアをきちんとすれば、においは改善します。

     

    ご自身でお口の中を見てみたください。舌の表面に付着している白いかたまりのようなもの、これが「舌苔(ぜったい)」と言い、食べカスや細菌や微生物、唾液の成分などが溜まって形成されています。 舌の表面はザラザラとしているので、細菌が付着して生育しやすい環境となっています。

    舌ブラシを使っている女性のイラスト

    舌苔は舌の清掃をおこなうことでなくなるので、 鏡で見ながら、専用の舌ブラシを使って取り除いてみてください。また、殺菌作用のある薬用マウスウォッシュを併用するのも効果的です。

    原因が歯周病の場合、治療をすることにより症状が改善すると口臭は劇的に減ります。歯周病は口臭だけでなく、歯が抜ける一番の原因ですので、積極的に治療を受けましょう。

    同じにおいにさらされていると脳は慣れてくるので、におい自体を感じなくなってしまいます。さらに近年のマスク生活の日々により、ご自身でもわかりにくい状態にあるかと思います。

    また、 マスクをしていると口呼吸になりやすく、お口の中が乾燥し口腔内細菌が繁殖しやすい状態になっています。鼻呼吸を意識したり、こまめな水分補給もちょっとした対策になります。

     


    口臭はデリケートな問題なので、身近な方でも指摘しにくいかと思います。

    また、 舌苔はご自身でケアできる口臭対策ですが、 完全に歯の表面から汚れを取ることは難しいため、虫歯や歯周病の早期治療も兼ねて、歯科医院での定期検診をおすすめします。歯科医院に行くほどではないけど、ご自身でできる口臭ケアを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。実は口臭の原因は一人ひとり違うので、ぜひお口の中を拝見させていただき、ご自身に適した口臭対策をご紹介させていただくことが一番の対策になります。ご来院お待ちしております。

  • にじいろの考えるチーム医療

    2022年6月6日(月)

    歯科医師から別のスタッフに交代して、お口の中を見てもらった経験はありませんか?担当の歯科医師が最後まで診てくれないのはなんでだろう。このスタッフは何をする人だろう。と不安に思ったことがある方も中にはいるのかもしれません。

     

    治療後、歯に付着した歯石や歯垢を器具を使って除去したり、歯磨きを指導するスタッフは、歯科衛生士になります。歯科衛生士は養成機関で3年以上学び、歯科衛生士国家試験を合格した人だけが就ける専門職で、①むし歯や歯周病の予防処置②歯科診療の補助③歯科保健指導の3つの仕事があります。

     

    歯科衛生士がおこなう歯垢や歯石の除去、薬の塗布といった処置は歯科医師もおこなうことはできますが、歯科衛生士が 歯垢や歯石の除去などを担当することで、歯科医師にしかできない治療業務に専念することができます。このように作業を分担することで、より多くの患者さまに、より適切かつ丁寧な治療をご提供できるものと考えています。

     

    また、歯科医師が歯学部で学んだ数倍の時間をかけ、養成機関でスキル・経験を磨き上げてきた歯科衛生士が施術することで、予防効果が高まることからも、患者さまにとってのメリットも大きいと考えています。

    なお、歯科医院には、歯科助手というスタッフもいます。患者さまのお口に直接触れることはありませんが、治療で使う器具の準備や片付け、洗浄や滅菌処理といった形で、チーム医療に参画しています。

     

    当院では、「チームにじいろ」として、それぞれが専門スキルを活かして作業を分担し協力することで、患者さま1人ひとりに寄り添いつつ、質の高い高度な歯科医療を実現していきたいと思っています。

    お口の中の治療は自分で見ることができない分、不安を感じやすいことから、1つひとつの疑問を解消し、患者さまご自身が安心して治療を受けていただけるよう、努めています。ご不明点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

     

    ご予約・お問い合わせは、24時間便利なネット予約 までお願いします。 ↓↓

    https://www.mrweb-yoyakuv.com/nijiirodental/login/

  • 予防歯科

    2022年5月28日(土)

    新年度が始まり皆さん新生活には慣れてきましたでしょうか。
    このところ、当院に通われている患者様で、お子様の学校の歯科検診で、虫歯の疑い等と診断され、受診される既存の患者様、新規の患者様が来院されています。
    当院ではお子様のお口の健康診断、TBI(歯磨き指導)、フッ素塗付、シーラントなど予防歯科はじめとするお口のケアを、歯科衛生士、ドクターの二方面できめ細かい治療を行っています。
    さて、シーラントとは…
    シーラントは虫歯の治療ではなく、予防歯科です。

    適応年齢は6歳臼歯が生えてからになります。
    個人差がありますが、歯には溝があります。この溝は歯ブラシが奥まで当たりにくい部分で、食べかすや菌が溜まりやすい場所なので虫歯になりやすくなってしまいます。
    虫歯の予防といえば、歯磨きや、フッ素を想像される方が多いと思います。
    シーラントはその虫歯になりやすい溝の部分をあらかじめ埋めてしまおうという考えで行われる処方です。
    方法としては、溝をレジンで埋め光照射をあてるだけの簡単な治療になります。

    皆様の予防歯科、治療に当院スタッフ一同、末永く寄り添いたく思っております。
    ご気軽にお問い合わせください。

  • 何歳の口腔内でしょうか?

    2022年5月26日(木)

    院長齊間です。 突然ですがクイズです。

    何歳の口の中でしょうか?

    ヒント1:下の前歯です。

    ヒント2:タバコは吸いません。

    ヒント3:コーヒーやワインも飲みません。

    裏側にも歯石が沈着していました。

    最後に確認したのが2年程前です。

    ちなみに勤務医に質問したところ40代男性でした

    表面の汚れも取りました。

    先日息子が口内炎の痛みで食事ができない!という理由で2年ぶりくらいに口腔

    内を確認しました。

    仕上げ磨きを本人に任せ始め最近では週に3、4回に減ってしまいましたがあま

    りの汚れに愕然としました。。。

    子供に父親の仕事の一端を見せることができましたが定期検診の重要性を痛感しました。

    質問の答え:正解は10歳男子。息子でした。

    症状が無くても半年に1回の検診をおすすめします。

  • お子様の歯並び治してみませんか?

    2022年5月24日(火)

    大切なお子さまの歯並び、気になりませんか?

    最近の子供の傾向として背が高く、足は長く、小顔になってきたと言われています。しかし、あごの骨が小さくなっても歯の数や歯の大きさは変わらないため、歯が正しい位置にどうしても生えることができず、かみ合わせや歯並びが悪いお子さまが増えてきました。

     

    お子さまにおすすめする矯正治療とは、乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。あごの成長や歯の生え替わりに合わせて治していくことができるため、大切な永久歯を抜かずに治療できる可能性もあり、装置も簡単なもので済み、費用も安くなる場合が多くあります。

     

    矯正のメリット

    【歯】

    ・口元などが美しくなる

    ・よく噛めるようになる

    ・歯の病気になりにくくなる

    ・唇が閉じやすくなる

    ・発音がしやすくなる

     

    【その他】

    ・顔の形が整う

    ・姿勢がよくなる

    ・体調がよくなる

    ・免疫力が上がる

    ・持久力や集中力がアップする

     

    お子さまの矯正治療をお考えの方は、前歯の生え替わりが始まる頃までに矯正相談をしましょう。

     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 緑-シンプル-小児科-横長-2つ折りパンフレット-1-1024x663.png

     

    当院では、お子さまに合わせた矯正治療をおこないます。

     

    八重歯や出っ歯など、一人ひとりお口の状態は異なります。そのため、お子さまにとって最適な矯正治療のプランを立てるため、専門的な検査・分析を行いながらお口の状況をじっくり診させていただきます。その上で、矯正治療の方法、装置の種類、治療期間や費用など、気になる点や不安な点などすべてご説明いたします。

    矯正治療に関する無料相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

     

    にじいろマイクロスコープ・セラミック歯科医院

    ☏03⁻3922⁻2416

  • 何が違う?学校と歯医者さんでの検診

    2022年5月15日(日)

    新学期が始まり一か月が経ちました。「学校の歯科検診で紙をもらったので診てください」とご来院される患者様が増える時期でもあります。

     

    「ちゃんと歯磨きしていたのに虫歯と言われてしまった」とおっしゃる親御さんや、「そもそも学校の歯科検診と歯医者さんの歯科検診は何が違いますか?」とご質問される親御さんもいらっしゃいます。

     

    本日はそちらについてお話させていただこうと思います。

    まず当院でできる歯科検診でオススメできることは何といってもマイクロスコープ!

     

    このマイクロスコープはお子様の検診や治療でも使用しております。学校の校医さんが見るものよりも明るく大きくみるので、虫歯だけでなく汚れのつきやすいところをお伝えできるほか、当院ドクターが見ているものをそのまま前のモニターで確認することが可能です。(現在はすべてのユニットにマイクロスコープがついております。こんな体験ができるのは大泉学園では当院だけ!?)

    また、歯科衛生士が常勤しておりますので、ブラッシング指導やフッ素塗布をうけることができます。中学までのお子様は医療証をお持ちだと思いますので、もちろん無料でうけることができます。お口の状態にあわせて毎月~3か月に一度のペースでご来院いただければと思います。

     

    にじいろ歯科では上記以外にも、生活習慣や歯並び虫歯に悪影響の出やすい習癖なども矯正専門医と協力しチェックしています。

    「いつもテレビ見ているとき、お口が開いている」「食事の時の姿勢が悪い」「永久歯が曲がってはえてきている」などのお悩みをよく聞きます。

    お子様のお口の状態で気になることがございましたら、いつでもお電話または24時間インターネットからご予約いただけますので、ホームページをご覧くださいね。

     

    【余談ですが】

    コロナ感染症の影響で歯科を含む病院の受診割合が2割落ち込んでいるというデータも出ておりますが、可能な限り定期検診にお越しいただきたいと思うのは、予防歯科が大事であるからです。

    トラブルが起きて歯医者を受診している方と、定期的に歯医者を受診している方とでは将来の残っている自分の歯、この数に違いが出ると言われています。予防歯科が進んでいない日本で、意識を変えていくことはなかなか難しいことではありますが、当院では生涯健康に過ごしていただくためにも予防が一番効果的であるとお伝えしています。

    お子様の大事な乳歯・生え始めの永久歯、学校で歯科受診の紙を貰ってこなかったとしても定期的にお越しいただき、お家でのケア方法や一緒にお口の状態をチェックしましょう!

  • よく噛んで食べましょう

    2022年5月12日(木)

    皆さんは、1回の食事で何回噛んでいますか?

    邪馬台国の女王、かの有名な卑弥呼の食事ですが、玄米のおこわや乾燥した木の実、干物など硬くて噛み応えのある食材で構成されていたようです。

    そのため、当時の噛む回数は1食で3990回とされ、現代人の約6倍と言われています。

     

    一方、現代では柔らかい食事が増えたことで、噛む回数は1食で620回へと激減しています。

    「すぐに飲み込まないようにしようね」 「よく噛んで食べよう」 と、普段からお子さんにお話しをしている方も多いのではないでしょうか。

    噛むというのは顎の発達に非常に影響があるのですが、子どもは噛むことを意識して食べることが難しいそうです。

    かみ合わせが良くない場合や顎の力が弱いことにより、口の中のものを噛めずに飲み込んでしまうケースもあるそうです。早食いや遅食いを続けていると、多くのデメリットが発生してしまいます。

     

    ①肥満になりやすい・・・食事のスピードが早いと本人の満腹中枢が反応しにくくなります。子どもの時に肥満児になってしまうと、将来も肥満になる可能性が非常に高いそうです。将来のためにも避けたいことですよね。

     

    ②歯や顎に影響・・・しっかり噛むということは、顎の骨を強くし、口周りの筋肉の強化にもなります。口周りの筋肉がつかないと、顔周りが垂れ、表情も作り笑いのように堅くなってしまいます。また、噛むという行為は唾液の分泌にもつながるので、歯の健康にも影響があります。

     

    ただ噛むのではなく、硬いものも噛んだうえで分解できるよう、お子様の食事をよく観察してみてください。

     

    よく噛んで食べるためには、現代人の一口の咀嚼回数は平均約10~20回といわれているそうです。「一口30回」を目標に、いつもの咀嚼回数+10回を意識していきましょう。

     

    また、料理を少し工夫するだけで咀嚼回数がUPします。パスタには歯ごたえのあるものを入れたり、お米に麦を入れたり、 根菜やきのこ類など食物繊維が豊富な野菜を多めにいれてみるのもいいですね。

     

    普段はなかなか意識することが難しく、食事の時間があまり取れないという方や柔らかいものを好む方もいるかと思いますが、今日から「噛む」ことを意識して、より楽しい食事をしてみてはいかがでしょうか。

     

    是非参考にしてみてください。

     

    ご予約・お問い合わせは、24時間便利なネット予約

    https://www.mrweb-yoyakuv.com/nijiirodental/login/

    までお願いします。

  • 喜多(きた)先生のご紹介

    2022年4月25日(月)

    寒さも落ち着き、暖かく過ごしやすい気候になってきましたね。4月後半はまだまだ気温の変化が大きいので、体調管理にお気をつけくださいね。

     

    今回、にじいろマイクロスコープ・セラミック歯科医院に新しい先生が加わりましたので、ご紹介させていただきます。

     

    喜多 正樹(きた まさき)先生です。

     

    関西出身です。趣味は、食べることです!!

     

    喜多先生は勉強熱心で、小さなお子様からも親しみやすく、お顔にも人柄の良さが滲み出ています。写真だけでは伝わりませんが、実はとても背が高いのです。

     

    喜多先生より一言

    「治療に関しては、コンポジットレジンを主軸にしています。わかりにくいところは丁寧に、患者さまの目線に立って進めていきます。お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。」

     

    普段お話をしていても、物腰の柔らかい話し方が素敵だと思うので、歯医者さんに緊張しているお子さんも安心してくださいね。

     

    喜多先生がチームに加わり、さらに連携して治療をおこなう環境を整えることができました。引き続き患者さまとの信頼関係を大切にし、気持ちよく来院していただけるように努めていきたいと思います。

     

    皆さま、これからもにじいろマイクロスコープ・セラミック歯科医院をよろしくお願いいたします。

  • どうして何回も通院が必要なの?

    2022年4月12日(火)

    「歯科医院に通うと、治療費が高くかかりそう…なるべく通院回数を減らして治療をおこなって欲しい…」 「一度に治療して、期間を短くできないの?」歯医者は何をやっているのだろうかと、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

    今回は、治療期間と治療回数についてご案内したいと思います。

     

    例えば風邪の場合、薬により、熱を下げたり、咳を抑えたりといった症状を軽くするものの、ウイルスを退治するのはあくまで自己免疫細胞です。
    それに対し、歯科では、投薬のみの治療法はほとんどありません。 むし歯で空いた穴は自然にふさがらず、歯科医院での治療が必要です。また、進行したむし歯が自己免疫力でよくなることはないため、1回の通院で薬をもらって終わりとはならないのです。

     

     

    むし歯治療ひとつとっても、進行度により治療内容は異なります。初期であれば治療時間は少なく、 1回で治療終了となることもあります 。しかし、むし歯が大きく、詰め物を作成する必要がある場合、治療にかかる時間は増え、更にむし歯が進行し根管治療が必要になると、最低でも治療回数は4、5回必要になります。

     

     

    当院では時間をかけて丁寧に治療をすることを心がけています。治療の手順が適切に行われない場合、細菌が残ってしまい、外部からの再感染のリスクが高まります。
    視認ではどうしても手探りになってしまう部分も、 マイクロスコープにより患部を拡大し、より細かく把握した状態で治療できるため、診療を効率的に進めやすいです。マイクロスコープの使用は、結果的に通院回数を減らすことにも繋がる一つの手段なのです。

     
    むし歯が進行すると治療期間も長くなる傾向にあるため、 まずは定期検診に通いましょう。 また、定期的に歯石を除去することで、むし歯になりにくい健康なお口の維持にも繋がってきます。

     

    定期検診の場合、通院頻度は基本的に3カ月に1回が目安です。


    早めにむし歯を発見することで、治療にかかる費用の節約や、治療期間の短縮になります。それに対し、むし歯を放置していると症状がどんどん進んでいき、治療費用や治療時間が増えていきます。歯の痛みや違和感がある時は、お早めにご相談ください。

    ☏03⁻3922⁻2416

  • 1 2 3 4 5 6 20